接客で気をつけること | ホストやキャバクラのボーイなどの求人は男子が稼げるお仕事です

接客で気をつけること

動画を視聴している男性

お酒が飲めて女の子と話すだけで高収入が得られるというイメージのあるホストですが、仕事の内容はそこまで甘くはありません。
稼ぎたいと思って高時給の求人を探している男子大学生やフリーターはホストで働く前に仕事の中にある細かなルールやマナーを知りましょう。

ホストはまず、接客だけでなく営業を始める前の掃除などの雑務もします。
そして、新人の頃から任せられるお酒を作るときはお酒の作り方を覚えるだけでなく、様々なマナーが存在します。
まず、お酒を作って提供するときですが、入店して最初のドリンクは素早く作ります。
そしてお酒は「客→担当→先輩→自分」と提供する順番があり、自分のお酒を作る時は一言確認を取る、作る時はグラスの上半分は触れてはいけない、ドリンクは両手で持つなどドリンクを作るだけでもこれだけのルールがあります。
また乾杯の音頭は必ずホストが取ったり、接客中にお客さんがタバコを吸おうとしたらライターを出して火をつけてあげたり、灰皿は煙草の吸殻が2本たまったら交換するということも接客のルールです。
他にも接客時は、お客さんの前はドリンクとおつまみ、灰皿だけになるようにおしぼりやお酒のボトル、割りもの、アイスなどは自分のそばに固めてテーブルの上を綺麗に見せるようにしたり、お客さんがトイレに立てば新しいおしぼりを準備して、ひざ掛けをたたみテーブルの上やソファを整理するなどお客さんがその場にいてもいなくてもテーブルを綺麗にするように気を配ります。

このようにホストクラブには、接客のマナーやルールが細かくあります。お店によって違いもあると思いますが、この仕事をする上で細かいところまで気遣いできるかどうかは重要なポイントです。